血圧が高いときの対処法として副作用のリスクが無い方法を解説

血圧が高いときの対処法として副作用のリスクが無い方法

血圧が高いときの対処法を考えた場合、できれば
副作用が無い対処法が望ましいと思ったことは
ありませんか?

 

一般には血圧が高いという場合は、医療機関に
行って医師から高血圧の治療薬を処方されるという
治療法が施されます。

 

しかし実際に高血圧の治療薬を服用して高血圧が
完治したという患者はほぼいないという実態は
あまり知られていないようです。

 

なぜこのような悲惨な結果が出てしまうのかというと
高血圧の治療薬による副作用です。

 

高血圧の治療薬の大きなメリットは即効性があるという
点ですので、服用すると、血圧は短期間で下げること
できます。

 

しかしこれをあまり長期間継続すると次第にめまい、
全身のほてりなどの副作用が発症するのです。
さらに放置すると脳梗塞などの血管系疾患を患う
事もあります。

 

私は以前健康診断で血圧が高いと診断されたことが
ありました。

 

なぜ今まで血圧が問題になったことがなかったのに
突然血圧が高いという体質になってしまったかと
いうと、仕事のストレスと食生活のの乱れが原因でした。

 

毎日朝早く目覚まし時計でたたき起こされ、満員電車
に乗って会社まで行き、昼ごはんはコンビニ
弁当ばかりを食べ、理不尽な上司に付きまとわされ、
終電ギリギリで帰宅して、夜は一日の疲れを癒すために
お酒を飲んで寝るという生活でした。

 

ストレス解消の手段が、カップ麺を食べてお酒を飲んで
寝るだけでしたので、当然運動不足が続く上、しかも塩分
過剰によってアッという間に高血圧になってしまったのです。

 

医者の診断によると私の食生活をチェックしてもらった
ところ、カップ麺は塩分が非常に多い上、さらにお酒は
食欲を増進させてしまうため、塩分過剰になってしまった
ということでした。

 

この塩分というのは血圧を上昇させてしまう要因になって
いるというのも今まで知らずに、平気で毎日のように
このような乱れた食生活をしていたのです。

 

さらにストレスというのも血管を収縮してしまい、高血圧
を促進させてしまうということを告げられました。

 

緊急で血圧を下げるために高血圧の治療薬を処方されました。

 

確かに服用して短期間で血圧が下がったので、これで安心
していましたが、ある日、めまいや動悸息切れや、心臓が
突然痛むという症状に襲われました。

 

再度医者のところに診察に行ったのですが、高血圧の
薬の副作用の可能性があるという事でした。

 

私はこのとき薬の副作用の怖さを実感した瞬間でした。

 

これ以降、血圧が高いときのであっても、対処法として
高血圧の薬を一切飲まないで済む方法について調べて
いました。

 

すると、完全に治療薬に依存しないで血圧を下げる方法が
あることが判明しました。

ホーム RSS購読